アクセスカウンタ

<<  2008年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


4月20日<43>日本橋郵便局・前島密像

2008/06/29 23:40
画像 12:30、1871年4月20日は郵便創業の日。我々郵便ファンにはメモリアルデイです。日曜でもゆうゆう窓口(事業会社)なら開いているので行ってみると、窓口にいたのは偶然、知り合いの局員さんでした。帰り際に「ご苦労様でした」と言われ、お忙しいところお邪魔しました。








画像 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
 郵便の聖地を訪ねた後は、<40>の早慶レガッタを観戦に行きました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月16日・計2局

2008/06/29 23:37
画像 JR新宿→赤羽210円→浮間舟渡150円→王子160円 都電王子→小台160円→荒川区役所前160円 JR三河島→新宿210 <計1050円>

 本当はこの日はあと6局ほど廻るつもりだったのですが、行く先々でまだ花が咲いてなかったりして、駒込駅で打ち止め決定。狙った写真が撮れないんじゃ仕方ないですしね。
 写真は荒川西尾久三局に掛けてあった額。こんな風に各局で風景印を宣伝してくれるといいんですけどね。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月16日<42>荒川西尾久三郵便局・小台橋みずき通りのハナミズキ

2008/06/29 23:36
画像画像 12:05、男性の局長さんが風景印を押してくれました。ハナミズキが満開という感じではなかったので局長さんに聞くと、「もう少し前だったら咲いていたんですけどねえ」とのこと。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月16日<41>赤羽岩淵駅前郵便局・浮間公園サクラソウ

2008/06/29 23:33
画像 9:20、桜の見頃から2週間、今度はサクラソウが見頃です。
 風景印だと荒川の土手にサクラソウが咲いていそうですが、それは昔の話。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!




画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月15日・計7局・飯田屋のどぜう汁ご飯

2008/06/29 23:29
 JR新宿→錦糸町210円 東武鐘ヶ淵→浅草160円 都営地下鉄浅草→新宿三丁目260円 <計630円>

画像 春の浅草はイベントが目白押しで、週末毎に通っていますが、何度行っても飽きることがありません。
 15日の昼食は、蔵前局と台東千束局の間に寄った、西浅草にある飯田屋にて。浅草では駒形どぜうが有名ですが、ちょっと値段がお高いんですよねー。でも飯田屋で平日昼のみ食べられるこの「どぜう汁ご飯」は600円とリーズナブル。中々平日は出かけられなかったので、今日は念願が叶いました。
 席は全て座敷席。昼からどぜう鍋でお酒を飲んでいる粋なお年寄りもいます。どぜう汁はどじょうが3匹とささがきごぼう、ねぎがたっぷりと入っています。口に含むと、うわあ、超濃厚。何杯でもご飯がいけちゃいそうですが、嬉しいことに白飯はお替り自由。どじょうは臭みや骨が苦手な人もいますが私は平気。七味をかけるとピリッと味が引き締まり、汗をかきかき大満足でした。オススメのお店です。
 *単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月15日<40>蔵前郵便局・早慶レガッタ

2008/06/29 23:27
画像 12:10、細長いペンシルビルの1階に局が入っています。
 男性局員さんが試し押しをすると、日付が磨耗してうまく出ない様子。でも「ちょうど15の新しい活字があったので」と入れ直してくれて、ごらんのようにきれいに印影が出ました。

 早慶レガッタの本番は4月20日に行われました。またもや曇天で、隅田川沿岸の見物客も少なめ。13時頃に吾妻橋に到着すると、ちょうど女子がスタートするところでした。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月19日流鏑馬おまけ・大黒家の天丼

2008/06/29 23:23
画像 流鏑馬見物の後は、天ぷらで有名な大黒家に行きました。
 大黒家はいっつも店の前に行列ができていますが、すぐそばにある別館は結構座ることができます。天丼1470円はごらんのように海老、キス、ししとう、かき揚げ。濃くて黒いタレが特徴的で、衣も香ばしく、時々食べたくなります。
 *単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


{再}3月26日<9>台東聖天前郵便局

2008/06/29 23:21
画像画像









  3月26日に押印した台東聖天前局ですが、そこに描かれた「浅草流鏑馬」が4月19日に開催されたので見てきました。
 流鏑馬の始まりは平安時代の宮廷行事で、中世には廃れていたのが1728(享保13)年、世継の疱瘡治癒を願う徳川吉宗の手で復活。浅草では江戸時代に、浅草神社の正月の神事として行っていたのが昭和に復活し、今年で26回目とのこと。
 12:35、二天門の前に着くと、7頭の馬が着物姿の男性たちにたづなを引かれているのに遭遇。そこから約300m行列で移動し、隅田川沿いの流鏑馬会場に到着します。
 この日も半分雨模様。そのお陰で例年より人出が少なく、流鏑馬も間近で見られると常連客の人が話していました。射手は5〜7人ずつ4班で、計25人くらいが約200mの走路で3つの的を射ます。私はよく分からぬまま3番的の少し手前に居たのですが、結果的にいいポジションだったようです。

画像 流鏑馬も実物を見るのはこれが初めて。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月15日<39>墨田白鬚郵便局・白鬚橋

2008/06/29 23:17
画像 そして白鬚橋を墨田区側に渡った木母寺には梅若丸を祀った梅若塚があり、毎年4月15日は梅若忌として謡曲や講談などを行っています。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!

画像画像









 16:45、木母寺に先に寄った後、ギリギリで郵便局にも間に合いました。こちらの風景印に梅若塚が描かれていると対になるんですけど、図案はシンプルに白鬚橋です。
 押印してくれた若い女子局員さんに聞くと、他にも押しに来た人がいたとのこと。台東清川局で押した方で、もしかしたら木母寺のイベントにもいらしたのでしょうか。局員さんは「大体皆さん、廻るコースは一緒なんですよね」と笑っていました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月15日<38>台東清川郵便局・妙亀塚

2008/06/29 23:11
画像 14:55、ビルの1Fで、元はマーケットだったのかなと思うような広いフロアで局員も9人もいます。若い女性局員さんに風景印を頼むと、「今うまい人、連れて来ますから」と言って、若い男性局員さんが登場。押印に来る人はいますか?「自転車で廻っている方もいますね」風景印の利用者はどのくらい?「大体月に2、3人ですね」などと、ずっと会話をしながらの押印。記念切手の販売にも力を入れているようで、とても感じのいい局でした。





画像 で、局員さんが曰く「今日風景印を押すのはお二人目です」。ということは、その方も今日4月15日が梅若忌だということを知っていたのでしょう。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月15日<37>墨田太平町郵便局・蔵前橋と蔵

2008/06/29 23:07
画像画像 10:00、逆順で紹介します。ここはフロアが極端に狭くて、お客が腰掛ける場所も壁に設置された折り畳みの椅子が1脚だけ。私の子供時代、昭和40年代の東京の街中にはこういう郵便局がよくあったはずで、すごく懐かしい感じがしました。ずっとレトロなままでいてほしいです。
 この風景印を見ると蔵前橋の上に蔵が並んでいるような錯覚をしてしまいますが、これは江戸時代初期より当地にあった、幕府が年貢米などを保管する「浅草御蔵」を描いた、いわば江戸時代と現代を融合した斬新な風景印なのです。

画像 現代にも1つくらい蔵が残っていれば面白いのになあ…と思っていたら、蔵前橋を台東区側に渡ったところにこんな建物が。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月15日<36>本所二郵便局・駒形橋と厩橋

2008/06/29 22:58
画像 10:30、「長く集めてるんですか、大変ですねえ」とベテランの女性局員さん。いえ、物好きなだけです。局内の歴史を感じるカラーボックスになんと「風景スタンプ集」が揃えてあって、私はこういう局は初めて見ました。押印もとても上手で、帰り際には「これからもよろしくお願いします」と声もかけてくれました。
 その後、ネットを見ていて知ったのですが、本所二局は「旅行貯金」ファンの間では、様々なスタンプを用意していて有名な局みたいですね。コレクター心を理解してくれているありがたい局のようです。



画像 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月15日<35>墨田江東橋郵便局・江東橋

2008/06/29 22:54
画像 <34>の白鷺の舞をはじめ、春は浅草でたくさんのイベントがあります。今日はそのイベントの風景印を集めつつ、周辺の台東区と墨田区の局も廻ろうという腹づもりです。
 9:05、開局一番乗り。錦糸町駅に近くて局員さんが7人もいる大所帯。ふるさと切手の「東京の花Y」があったので1シート購入。私がその昔、今はなき共通一次試験を受けた両国高校も近くにあります。もう20年も前になっちゃうんですねえ。





画像 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月13日白鷺の舞おまけ・神谷バーのカニコロッケ

2008/06/29 22:50
画像 おいしいものや由緒ある店が多い浅草。そんな中で「白鷺の舞」を見た後は、吾妻橋正面の角地でレンガ造りの建物が異彩を放つ「神谷バー」に行って来ました。
 1880(明治13)年創業のこのお店は、電気ブランというカクテルで有名。文明開化の時期に舶来酒であるブランデーやジン、ワインなどをブレンドし、ハイカラな人たちに人気を集めたといいます。電気ブランのアルコール度は45度(現在販売しているのは30度と40度)。私は完全な下戸なので、めちゃくちゃ興味はあるけど縁遠い店でした。でもよく見ると、酒抜きで食事だけもできるんですね。それで思い切って敷居をまたぐと、店内も明治の社交場の雰囲気が残っていてお洒落です。
画像 ハイカラっぽくカニコロッケ(710円)とライス(220円)を注文しました。丸々とボリュームのあるカニコロッケが出て来ると、隣の席から「でけえなあ」と人懐っこい声が。それは50代と思しきご夫婦の旦那さんで、私がデジカメでコロッケなんかを撮っていたので「もしかして糖尿病でカロリー計算のために食事を記録してるんですか?」と奥さん。確かに私は糖尿病みたいな頬のこけ方してるんですけどね、体は至って丈夫です。
 ご夫婦は草加で鉄を扱う工場を営んでおり、蕎麦を食べ歩くのが趣味で今日も神田の薮蕎麦に行った帰りなのだとか。「夫婦だけど、人に会う時は不倫と言うことにしてるんです」とか、ずっと冗談交じりのかわいいご夫婦で、また会いたいけど、そんな偶然はないですよねえ。酒場に出入りしていると、こういう一度っきりの出会いがたくさんあるんだろうなあと、この歳にして思いました。
 *単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月15日火曜日<34>台東千束郵便局・白鷺の舞

2008/06/29 22:41
画像 14:10、女性局員さんが「あまりうまく出なくてごめんなさい」と言いながら押してくれるが、いえ、十分きれいに出ています。この印に描かれた「白鷺の舞」が、2日前の日曜、4月13日に行われたのでレポートします。










画像 当日は朝から雨模様で、浅草観光連盟に電話するもつながらず、浅草寺では「その時間に雨が降っていたら中止もありえます」と、極めて判断に困る状態。思い切って無駄足を覚悟で出発しました。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!




画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月12日・計1局・東大の赤門ラーメンあんかけスープ

2008/06/29 22:35
 東京メトロ新宿三丁目←→東大前380円

画像 本当は東大の学食で食事したかったのですが、土曜はほとんど閉まっていて叶わず。代わりに生協でレトルトの「赤門ラーメンあんかけスープ」380円を買ってきました。私は料理を全くしないので、家には鍋がないのですが、裏の調理法を見たら「ご飯にかけても美味しい」とのことなので、あんかけご飯にしました(ちょっと昔の貧乏大学生風?)。味はひき肉の入った辛味中華あんかけ、といった感じで、ラーメンにかけたらさぞ口の中がホッホすると思います。
 *単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!



東大式麻雀・点数計算入門
楽天ブックス
簡単に覚えられる点数計算と役 著者:井出洋介出版社:池田書店(新宿区)サイズ:単行本ページ数:158

楽天市場 by ウェブリブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月12日土曜日<33>本郷郵便局・東大赤門

2008/06/29 22:33
画像 14:20、子供時代からちょくちょく来ていた局ですが、今日来てみたら1Fの一部がコンビニになっていてびっくり。民営化で利益追求、余裕のあるスペースはテナント代を稼ぐということなんでしょうか。窓口フロアはがら空きで、風景印を押してもらうにも順番待ちのお客さん気にしなくてよく、土曜日の集印はゆったりしていいなと思いました。 そもそも何で土曜に来たのかというと、4月12日は「東大記念日」(いわゆる創立記念日)だからなのです。
 その東大の象徴ともいえる赤門ですが、今回風景印を見ていたら…ん?



画像 実物は赤門と、向かって左側の番所につながる塀が、上部が白で下部は赤い立て板が並んでいますよね。でも風景印だとこの立て板の部分が斜めの格子模様になっています。
 何だこれは? 風景印の間違い? そう思っていたら…。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月7日・計6局

2008/06/22 18:40
 JR新宿→板橋160円 都営三田線新板橋→本蓮沼170円→高島平170円 国際興業バス赤塚八丁目→成増北口210円 成増南口→土支田三丁目210円 西武池袋線大泉学園→池袋230円 JR池袋→新宿150円 <計1300円>

画像 今日はニリンソウとカタクリ、珍しい2種類の花の自生地を見ることができたのが大きな収穫でした。どちらも、その花を目当てに来ている人が雨天にも関わらずけっこういて、特に男性は熱心に写真を撮っていました。我が身を振り返ってみても男性は、自分のものとして収めたいという、記録欲、所有欲が旺盛なんでしょうね(笑)。
 *後日談もあります。単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月7日<32>大泉郵便局・牧野記念庭園のセンダイヤザクラ

2008/06/22 18:38
画像 14:55、訪局順は<31>よりも前ですが、最後に牧野記念庭園に行ったので、こちらを後に紹介します。
 事業会社の窓口で女性局員さんに風景印を頼むと、別の女性局員さんと「何、風景印って?」「ほら、スタンプだよ」と言い合っています。やがて男性局員さんが出てきて「局会社のならあるんですけど」と言うので、局会社と事業会社それぞれにあるはずというと、また奥に戻って捜索。10分くらいして無事発見され、押印してもらえました。「どこか違ってますか?」と聞かれたので、年号数字の下にある横バーを説明すると「あ、ほんとだ。あまり比べる機会がないからなあ」と笑っていました。何だか数人がかりで風景印を大捜索してもらったみたいで、すいません。

画像 大泉学園駅を越えて南口に、植物学者・故牧野富太郎博士の自宅跡である牧野記念庭園がありました。
 *図案の詳しい説明と後日談は単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月7日<31>練馬東大泉四郵便局・学園通りの桜

2008/06/22 18:35
画像画像 15:50、ここも当初、ついでに寄る局のつもりだったのですが、いざ学園通りに行ってみると桜並木。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月7日<30>練馬大泉四郵便局・関越自動車道と外環道の入口

2008/06/22 18:32
画像 14:00、ここの風景印は花とは関係ないですが、近くまで来たので収集して行きます。
 この近辺、確かに高速が複雑に立体化しているけど、どこを描いたのかよく分からないんですよね。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!



画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月7日<29>練馬大泉二郵便局・清水山憩いの森カタクリ

2008/06/22 18:30
画像 13:15、ここの風景印には片栗粉の原料であるカタクリの花が描かれています。カタクリというと清らかな自然があるところに咲いているイメージで、東京23区内で見られるの?と半信半疑。
 私が愛読する唯一の少女漫画『小さな恋の物語』(みつはしちかこさん著)では、主人公のチッチが生まれて初めてカタクリを見つけるシーンが印象的で、ずっと見てみたいと思っていたのですが…。





画像 ありました。薄紫の花が重そうに頭を垂れているのが特徴的です。練馬区のサイトによれば、1974(昭和49)年に区民から白子川流域に自生しているとの情報が寄せられて保護に乗り出し、76年に清水山憩いの森として整備されたそう。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月7日<28>板橋赤塚郵便局・赤塚公園ニリンソウ

2008/06/22 18:26
画像 11:15、瓦屋根のある普通の民家の1Fが郵便局になっている造り。ここも板橋十景の1つでニリンソウが描かれています。この先も季節ごとに東京の花を追っかけて行こうと思いますが、いよいよ脱・桜です。高島平団地を抜けて赤塚公園に入ると「ニリンソウ」と書かれた赤矢印の看板があちこちに立っています。それに沿って高速5号を越えた東西に長い緑地帯に入ると、木の柵から身を乗り出してカメラを構えている人たちがいて、「はは〜ん、あそこにニリンソウが咲いているのだな」と分かります。



画像 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月7日月曜日<27>板橋蓮沼郵便局・南蔵院しだれ桜

2008/06/22 18:24
画像 9:05、2005年に板橋十景を一斉に風景印化した中の1局です。ベテランと思しき女性局員さんが、丁寧に印のゴミを取ってから押印してくれました。先週、金王八幡の桜がもう散っていたので、かなり不安を抱きつつ局の並びにある南蔵院に行ってみたところ…。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!






画像






画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月3日・計1局

2008/06/22 18:20
 JR新宿←→渋谷300円

画像 たった1局でまとめるのもナンですが、渋谷局は若者も来る郵便局として実験的なサービスが行われる局。窓口がある2Fフロアの隅には「ポスタルスクエア」という絵葉書や手紙セットなどを販売するテナントが入っていて、店員さんによれば出店しているのはネットスクエアというプリント会社で、他に代々木局、大阪の船場局に出店しているそうです。

画像 斬新なのはATMなどがある1Fフロアに記念切手の自販機があること。写真のようにふるさと切手を10枚組などにして袋に入れて販売しているのです。局員さんが手作業で袋詰めしているのでしょうか? 販売しているのは3種類程度ですが、24時間いつでも記念切手が手に入るのは、きれいな切手で手紙を出したい人には嬉しいサービスです。
 *単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月3日木曜日<26>渋谷郵便局・金王八幡のしだれ桜

2008/06/22 18:18
画像 13:30、渋谷で仕事があったので、その帰りに寄り道。
 局会社の窓口は同年輩の男性で、「どのくらい郵便局を回っているのですか?」と聞くので、200局くらいです、と(このサイトを始める前にそれ以上は回っていると思います。嘘ではありませんがテキトーです。ごめんなさい)。「全国ですか?」いや〜、東京だけです。「いいですね」ありがとうございます。
 …局員さんが興味を示してくれるのは嬉しいものです。もしかして局員さんも収集家?




画像 ですが。境内に着くと、もうすっかり花びらが地面に!「しだれ桜は染井吉野の約1週間後」と聞いていたのでタカを括っていたところ、見逃しました〜。
 ここの桜はとても珍しく、長州緋桜という品種ですが、花の中心にある雄しべが花弁化して八重になっている花が散見され、しかも同じ枝に一重のものと八重のものが混在しているのだとか。そう説明書きを読んでも今一ピンと来ず、丁度神主の奥さんらしき女性が箒を持って境内に出てきたので話しかけると、「あら、見たことないの?」とご自分で撮影した写真を家から取って来て見せてくれました。見るとなるほど! 花のカップの上にもう1カップ重なっているような二重の桜が写っていて、素直に感心してしまいます。八重桜というと通常、花が何重にもごちゃごちゃっと重なったものを思い浮かべますが、この桜は二重です。「3月27、28日が見頃だった。境内には山桜もあって、本当ならしだれ桜の1週間後に山桜と順々に咲くんだけど、今年は暖かいから一斉に咲いちゃったの」とのこと。
 *この後日談と図案の詳しい説明は単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日・計6局・インド大使館のキーマカレー

2008/06/18 13:26
 東京メトロ新宿→大手町190円 茅場町→九段下160円→永田町160円→市ヶ谷160円 九段下→新宿190円 <計860円のところを営団1日乗車券利用で710円>
画像 例年通り東京の桜は今年も、週末から今週にかけた年度替りの時期に満開を迎えました。
 左の写真は何かというと、千鳥が淵の入り口にあるインド大使館の職員さんたちが例年、この季節に屋台を出すのです。私もキーマカレー700円を食べながらの夜桜見物。日本人向けなのかやや塩味が強めでしたが十分美味しかったです。
画像 そしてこちらは靖国神社で購入した桜せんべい。海老を入れ込んだ海老せんの桜バージョンと思ってもらえればいいのですが、桜の香りが口に広がり、食べだすと止まらなくなります。桜の名所各地で売っているみたいなので、機会があれば一度どうぞ。
 最後に、千鳥が淵沿いで千代田区が桜再生の募金を募っていたので、小銭を寄付したら桜の飴をもらいました。この後、上野公園の枯死の記事を読んだのですが、一年に一度の市民の楽しみのためにも、どうか桜を守ってほしいものです。
 *単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


4月1日<25>麹町郵便局・千鳥が淵の桜

2008/06/18 13:19
画像 16:30、麹町局は市ヶ谷駅から皇居の方へ歩いて行った靖国通り沿いにあり、局の前にも桜の木が植わっています。お客さんは窓から桜が見えますし、窓口にいる局員さんもお客さんの相手をしながら見事な桜が見られるはず。桜を求めて多くの郵便局を歩きましたが、局員として働くならここが一番羨ましい立地でした。







画像 そして、この写真が千鳥が淵の桜です。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!


画像



(ご当地キティ)東京限定★千鳥ヶ淵根付ストラップ
携帯グッズ専門店のストラップヤ!
桜華やぐ、東京名所とコラボ★東京限定ティ★千鳥ヶ淵キティ HELLO KITTYが桜の精になっちゃた

楽天市場 by ウェブリブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日<24>九段郵便局・靖国神社の桜

2008/06/18 13:12
画像 15:30、年度初めのせいか異常に混んでいます。一瞬「後回し」が頭をよぎったのですが、カウンターの端に補助窓口があり、そこで「風景印はここでいいですか?」と聞くと、あっさりOKでした。聞いてみるもんですね。郵便局には珍しい(?)今時のイケメン風の若者が押してくれました。
  靖国神社の桜には1本ごとに「海軍十三年櫻」などと札が付けられています。



画像 もう1つ、靖国神社といえば、東京の桜の標準木があります。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日<23>都道府県会館内郵便局・東京の象徴としての桜

2008/06/18 13:08
画像 14:45、窓口にいた若い女性局員が、風景印と聞いて先輩女性に代わってもらっていました。「上手ですね」と言うと「そうですか、緊張してるんですけど」と愛想のいい局員さんでした。実際にはビルの傍に桜の木はないのですが、都道府県会館ということで、描かれているのは東京の象徴(県花)としての桜なのでしょう。ふるさとの花切手の東京版の図案とぴったりマッチしています。






画像 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日<22>日本橋小網町郵便局・東京証券取引所

2008/06/18 13:03
画像 14:20、窓口には若い女性局員が3人。「東京中央郵便局には風景印を押すのがすごく巧い人がいるんだって」「へえ〜」と、局員同士で話しながら押印してくれました。

 当サイトでは初の、「花」以外のカテゴリーの風景印。
 なぜわざわざ今日寄ったかというと、1949年4月1日が東京証券取引所の開設日だったので、その59周年(半端ですな)として寄ったのです。
 そしてこの施設、なんと一般人でも見学できるのですよ。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日< >日本橋兜町郵便局・東京証券取引所

2008/06/18 12:57
画像 所在番地に行ってみたところ、シャッターが閉まっています。ビルの隣のテナントが金券屋だったので聞いてみたところ、おおっと、ここも廃局。本日2局目、うっかりが続きます。





画像 こちらも参考に廃印を掲載しておきます。
 東京国際局のような集配局統合なら経費節約につながるので仕方ありませんが、日本橋兜町局のように、特定局でも民営化のタイミングで閉めてしまう局もあるのは、残念なことです。ポストだけが名残りを留めていました。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日<21>日本橋プラザ内郵便局・さくら通りの桜

2008/06/18 12:53
画像画像 12:30、若い男性局員が押印してくれました。ビルの2階にある局ですが、面する通りに「さくら通り」と名前まで付いているとあっては、行かない訳にはいきません。表から見るとガラス窓に桜の花が映り、その名前に相応しい感じでした。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日<20>鉄鋼ビル内郵便局・遠山の金さんの桜

2008/06/18 12:50
画像 11:45、局長さんらしい男性がハケで消印に詰まったゴミも取って押印してくれました。私は風景印だけでなく普通の消印も押してもらっており、そろそろ正午なので時間表示を12−18に変えて準備していた模様。私が「午後の表示でもいいですよ」と言ったら「いえ、それは私たちが…(よくありません)」と、きちんと8−12に戻していました。民営化されても、仕事はきちんとしていますね。
 押印が終わると、傍で見ていた女性客が「今の人、何ですか?」と質問しており(笑)、局長さんは「郵趣家です。多いですよ、本も出てるんですから」と答えてました。


画像 象徴としての桜の第2弾。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日火曜日< >東京国際郵便局・日本の象徴としての桜

2008/06/18 12:47
画像 本日より新年度のスタートです。
 その第1局目…と思って行ったところ、廃局!? 幸先わりぃー。*文末参照
 そうだ、うっかりしてましたが、郵政民営化に伴い、東京国際局は廃止になっていたのですね。現在はごらんのように無人で、ガラスにはウォールペイントが施され、ゴーストビルの趣です。ホームレスの人が洗濯物を干していたのが、またなんとも…。「ていぱーく」の近くにあり、子供の頃から何度か利用して往時を知っているだけに衝撃的です。これだけ大きな土地ですから、この先、郵政がどのように活用するのか、興味が湧きます。
画像 参考までにコレクションから廃止になった印影を掲載しておきます。
 さて、ここまでは全て実在の桜でしたが、桜は非常にシンボリックな花であるため、デザイン化されたりマークに使われることも多くあります。ここに描かれているのも、世界につながる万国郵便連合の中の「日本」を象徴する桜といえるでしょう。
 →冒頭は大きな間違いで、江東区に移転していました。コチラをご覧下さい!
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月31日・計5局・おこわ米八の五色おこわ弁当

2008/06/09 01:01
 JR新宿→中野150円→板橋210円 巣鴨→駒込130円→田端130円→王子130円→鶯谷150円 上野→新宿190円 <計1090円のところをJR1日乗車券利用で730円>
画像 上野の桜は一番なじみが深く、毎年できるだけ夜桜を見に行くようにしています。そして今年は兼ねてから憧れていた、「夜桜見物をしながら花見弁当を食べる」というのをやってみました! 弁当は上野松坂屋でさまざまな種類を売っていたうち、おこわ米八という店の五色おこわ弁当1155円を選びました。写真のように左から鳥五目、桜、栗、小豆、山菜の5種類のおこわが楽しめて、花祭り気分満開。桜おこわは桜の葉と花の塩漬けが炊き込まれており、まあ何というか、桜餅の味がします。季節ものですね。この時期はまだ夜は寒いので、鼻水を垂らしつつ、桜も弁当も堪能しました。
画像 あと、桜にまつわる食べ物として、駒込にある千鳥屋で染井もち(あん)210円、(みそ)231円、桜ゼリー262円も購入。桜ゼリー桜の花が、1枚の花びらでなく、ちゃんと5弁の花の状態で入っているのですが、花がしっかり食べ応えがあるのが面白かったです。
 *単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月31日<19>上野郵便局・上野公園の桜

2008/06/09 00:57
画像 17:50、本日最後の収印。集配局は19時まで押印できるので最後に回しました。が、局会社ではベテランとおぼしき男性局員さんにとても残念な対応をされてしまいました。極たまーに、そういうことがあるんですよねえ(経験でいうと30〜40局に1局程度)。









画像 気を取り直して、収印後は上野公園に夜桜見物に繰り出しました。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月31日<18>台東桜木郵便局・旧寛永寺五重塔と桜

2008/06/09 00:53
画像 16:20、恥ずかしながら私、ここに描かれている旧寛永寺五重塔のことをよく知りませんでした。現在の寛永寺を訪ねても塔はないし、女性局員さんに「この塔は現存しないんですよね?」と聞いてみると「いえいえ、上野動物園の中にありますよ」との返事。さらに図案の説明プリントをコピーしてくれました。用意している局は中々ないですよね。







画像 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月31日<17>飛鳥山前郵便局・飛鳥山公園の桜

2008/06/09 00:47
画像画像 15:00、こちらはスタンダードな桜形です。この形は丸形に比べて葉書の料額印面に押すのは難しいんですよね…と話すと、女性局員さんも「そうなんですよ」と、押す位置を迷いながら押してくれました。都電が描かれているので、写真も都電が入るアングルで撮りました。この辺からずっとぐずついていた空もようやく晴れてきました。
 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月31日<16>東田端郵便局・田端操車場近くの桜

2008/06/09 00:41
画像画像 13:15、桜形の変形印はけっこうありますが、花びらが左右対称に開いているものが多い中で、こちらは珍しい形状です。女性局員さんが「私、(押すの)大丈夫かなあ」と言ったら男性局員さんが「練習した方がいいよ」と答えてました。
*図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月31日月曜日<15>西巣鴨四郵便局・染井吉野発祥の地

2008/06/09 00:38
画像画像 11:15、<13>に掲載した中野通りの桜を再撮した後に行きました。
 東京の桜の代名詞ともいえる染井吉野発祥の地の碑が描かれています。この碑自体は巣鴨駅の近くにあり、写真のように山手線の線路沿いに染井吉野の小さな並木もあります。ちょっと郵便局の所在地とは、ずれてる気もするのですが…。
画像 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!



 家の庭や玄関に 桜で景色をより美しく  小さな 美化運動は 桜を育てること 常時在庫あり  即納できます最短 翌日到着  桜の苗 【染井吉野桜】
園芸百貨店何でも揃うこぼんさい
    こぼんさい  お奨め  桜の庭木 思い出や 大切な記念日に 十年 二十年後の日本を桜でより美

楽天市場 by ウェブリブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月27日〜28日・計4局

2008/06/09 00:33
 27日・大江戸線新宿→豊島園260円、有楽町線氷川台→江戸川橋190円→東西線中野190円、JR中野→新宿150円 <計790円>
 28日・丸の内線新宿三丁目→茗荷谷190円→代々木公園190円 <計380円>
画像 28日は東京メトロの茗荷谷駅から行ったのですが、途中の播磨坂も桜の名所で、小石川植物園まで桜一色。「文京さくらまつり」が開かれていて平日なのにすごい人出。仕事を自主休暇にして花見をしている社会人もけっこういたように見受けましたが(私もそうですが)、桜の満開は年に1回。これを見るのを我慢して仕事したってしょうがないよなあと思ってしまう私はダメ人間でしょうか…。
 *単行本『東京「風景印」散歩365日』もご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月28日金曜日<14>小石川郵便局・小石川植物園の桜

2008/06/09 00:21
画像 13:30、集配局です。
 局会社で話のついでに「事業会社にも風景印がありますよね?」と尋ねたところ、「うちは事業会社にはないんですよ」との返事。理由を聞くと「風景印の年号活字は数年分まとめて配備されるんですが、その数字が19でなくなったので、平成20年からは局会社だけで使用することになったんです」とのこと。ほ〜、そんなケースがあるんですか。郵政民営化でいろんなことが起こってますね。
 →その後、6月に事業会社に寄ると、ちゃんと風景印がありました。うむむ。




画像 *図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月27日<13>中野サンクォーレ内郵便局・中野通りの桜

2008/06/02 00:25
画像 12:45、2006年に新井二局が移転して生まれた郵便局。
 私は1998年頃にこの辺に住んでいたのですが、風景印を事前に見て「サンクォーレなんて新しいビルができたんだ」と思って現地に行ってみたら、当時よく買い物に行っていたとうきゅうの入っているビルだったのでびっくり。郵便局は地下1Fに入っていますが、あの頃はここに何のテナントが入っていたのか思い出せません。
 同世代の男性局員さんが押印が上手だったので、「お上手ですね」と言ったら照れておられました。


画像 いきなり曇ってしまった訳ではありません! 実は27日にサンクォーレのビルを入れ込んだ写真を撮り忘れたので、31日に再訪したのです。31日は朝から雨で、桜もだいぶダメージを受けてしまい、ちょっと寂しくなってしまいました。
*図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月27日<12>文京水道郵便局・神田川の桜

2008/06/02 00:20
画像画像 11:50、石神井川の次は神田川の桜です。女性局員さんが「ご自分で押しますか?」と聞いてきましたが、言う割には押印が上手な方でした。
 ごらんのように、南岸は高速池袋線。北岸は江戸川公園で、提灯が見えますが、桜まつり開催中でした。
*図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月27日木曜日<11>練馬氷川台郵便局・石神井川の桜

2008/06/02 00:10
 3日連続桜紀行。当初はJRと東京メトロ有楽町線で行くつもりでしたが、新宿駅に着いたところでふと大江戸線を使うことを思いついて路線変更(そっちの方が安上がりですし)。でも結果的にはそれが大正解。大江戸線豊島園駅から有楽町線氷川台駅までの約1.5km、見事な桜並木を堪能しました。
 11:00、風景印を使用するのは2月14日以来とのことで1か月半ぶり。もうちょっと認知してもらえると嬉しいんですけどね。でも夏休みなどは押印客が多く、「この辺では他にどこが風景印を使用していますか?」と聞かれたりするそうです。男性局員さんが輪ゴムの上で風景印をゴリゴリさせて刻印の間に入った埃を取ってくれたので、印影もごらんの通り、きれいに出ました。「入局した時、こうするんだよって教えられたんです」と話していました。
*図案の詳しい説明と現地ルポは単行本『東京「風景印」散歩365日』をご覧下さい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2008年6月のブログ記事  >> 

トップへ

風景印の風来坊〜東京風景印散歩 2008年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる