風景印の風来坊〜東京風景印散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 風景印歴史散歩第93回・2018年9月千川(10/19金&10/27土「千歳烏山〜蘆花公園」募集中)

<<   作成日時 : 2018/09/22 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像画像画像
 夏休み明けの今回は「芸術の秋」を先取り、ということで豊島区の千川地区を歩きました。戦前から戦後にかけて安いアトリエ付き住宅が多数作られ、「長崎アトリエ村」あるいは「池袋モンパルナス」と呼ばれた地域です。
 メインは今年、映画「モリのいる場所」が公開された熊谷守一美術館と、少し足を延ばして目白の中村彝アトリエ記念館。97歳まで生きた守一と37歳で早世した彝。画風も人生も対照的な2人ですが、どちらも生き方がドラマチック。いずれも本人が住んでいた場所であるため、人柄や空気感が伝わってくる気がしました。(土曜はアダチ版画研究所にもお世話になりました)
 そしてこのコースの隠れメインといえるのが、1980年代までに全て取壊されたといわれている「アトリエ付き住宅」。実は…いえ、詳しくは書けません。でも私はたどり着けた時はとても感動しましたし、参加者の方にも伝わっていればいいなと思います。


画像 この地域は2011年12月にも少し歩きましたが、あれから7年、当時アトリエ村資料室があった廃校舎が別の施設に変わり、街もずいぶん変わりました。参加者34人のうち当時も歩いたのが8人。この散歩も長く続けさせていただいているなと感慨深い秋の日でした。

画像 風景印配布は3局(千川駅前局、豊島千早局、豊島長崎一局)。歩数は約8千歩。新潟からの初参加もあり、楽しい散歩でした。

 次回の風景印歴史散歩は、次の行先で募集します。2018年10月19日(金)と27日(土)で千歳烏山〜蘆花公園です。
 参加ご希望の方は、10月9日までにプロフィール欄にあるメールアドレス、または左脇にある「メッセージを送る」から、お名前と参加希望日、電話番号、メールアドレスをお知らせ下さい。折り返し確認のメールを入れさせていただきます。
(10月10日以降も参加は受付けますが、集印の都合上、他の参加者と同じ切手が用意できなかったり、スタンプの配布が後日になったりする場合もありますので、ご了承下さい)。

■最新刊の「風景印かながわ探訪“郵便局のご朱印”を集める、歩く、手紙を出す」もごらん下さい。

■既刊
『風景印でめぐる江戸・東京散歩〜歌川広重「名所江戸百景」のそれから』
『切手男子も再注目!ふるさと切手+風景印マッチングガイド2』
『切手女子も大注目!ふるさと切手+風景印マッチングガイド』
『風景スタンプワンダーランド』
『風景スタンプぷらぷら横浜』『東京「風景印」散歩365日』『風景印散歩』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも拝読させていただいております。
21日ですが、千川駅構内を集団で歩かれていましたね? 豊島区内の駅は右側通行が多いですが、千川駅は左側通行です。皆さんが右側通行をされていたために、左側通行をしていたうちの子供がお年をめされた女性の方とぶつかりました。ちょろちょろしていた息子も悪いですが、謝らないのもどうかと思います。
集団で行動すると周囲が見れないこともありますが、本来は引率者が気をつける点かと思います。細心の注意の上、お散歩をお楽しみください。よろしくお願いします。
要町在住者
2018/09/23 10:54
そういうことがあったのでしたら失礼しました。普段からなるべく注意して歩いてはいますが、年配の方は特に素早く反応できないこともあります。これまで以上に注意して歩きたいと思います。
いつもお読みになって下さっているのですね、ありがとうございます。今度歩いているのを見かけた時は、せっかくですからお声をおかけください!
古沢
2018/09/23 18:05
集団で歩くときは周りの方に気を遣っているつもりですが、これからは我々参加者もさらに気を付けるようにしましょう。
今月もまた観光ではあまり訪れることのない千川の街を歩きましたが、実はこの辺りには以前はアトリエ村があったのですね。
芸術の秋にふさわしく熊谷守一美術館や中村彝記念館等を案内して頂きました。
どちらの作品も心に響く素晴らしい絵画だと思います
隠れメインも感動的でしたが、何か寂しそうな雰囲気が漂っていたので、いつか公開される日が来るといいですね。
今月も楽しい散歩、有り難うございました。
なべっち
2018/09/25 16:03
なべっちさん、ありがとうございます。芸術家の卵が貧しいながらも切磋琢磨していた土地には、個人的にすごく惹かれるものがあります。中年の郷愁でしょうか(笑)。今はなきアトリエ村資料室の展示が、あそこに行ったらいいのにと思ったりもします。そしてアトリエ村関連の風景印も誕生してほしいですね。熊谷守一や中村彝関連もぜひ!
古沢
2018/09/25 17:50
美術館というと、つい上野や六本木などをイメージしがちですが、今回もそういう訳じゃないんだよ、と教えていただいて、楽しく散策できました。ありがとうございます。

「モンパルナス」と称されていた池袋、どんな様子だったんでしょうか。私の生まれる前の時代と思いますが、今の駅前界隈の様子からはほとんど想像できませんね。

中村彝の絵画、実物を観てみたいなと興味がわきました。

あと熊谷守一美術館では、娘さんが映画に対して実際の父親とかけ離れています、と困惑したコメントを載せていたのが面白かったです。映画また上映してほしいな。
ひらたま
2018/09/26 23:22
中村彝の作品はやはり、茨城県近代美術館が多く所蔵しているみたいですね。「モリのいる場所」はおっしゃっていたように樹木希林さんの追悼上映会がありそうな。情報見かけたらお知らせしますね。
古沢
2018/09/27 01:50
9/29〜10/5の一週間、目黒シネマで2本立上映。
併映作品は最近のカナダ映画「しあわせの絵の具」、とのことで、観に行こうと思います。

近く茨城県近代美術館にも足を運んでみます。ありがとうございます。
ひらたま
2018/09/27 13:48
さすが情報が早いですね! ちなみに中村作品はポーラ美術館もけっこう所蔵しているみたいです。
古沢
2018/09/27 18:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
風景印歴史散歩第93回・2018年9月千川(10/19金&10/27土「千歳烏山〜蘆花公園」募集中) 風景印の風来坊〜東京風景印散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる